不感症はすぐに女性用バイアグラで治療

2020年02月25日
考えている男性

性的刺激を受けても興奮してオーガズムを得られない人や、性行為の時にまったく濡れない不感症の女性も多いです。
女性はセックスの経験が少ない場合は、愛撫では満足せずにオーガズムを得られないこともありますが、膣で感じない場合は膣不感症と言われることもあります。

性行為の経験を重ねていくうちに自然と不感症は解消されて、男性以上の快感を得られるようになるので、若いうちに不感症と思っていても経験不足で、自分の性感帯が開発されていないことも多いです。
性行為の経験を積んでも不感症な場合は、女性用バイアグラを試してみるといいでしょう。
いろんな種類があるので自分にあうものを選んでください。

ラブグラは女性用バイアグラとして開発されたジェネリック医薬品です。
不感症の症状の改善や性的刺激の減退に作用することで、性感を促しオーガズムに達しやすい体質に近づく効果があります。
刺激を受けることで、分泌液も増えるので痛みも軽減させる効果もあると言えるでしょう。
性欲を上げたり性的興奮を増加させる作用はないので注意が必要です。
今まで長い間セックスレスで悩んでいたカップルや夫婦におすすめです。

ラブグラはピンク色のお菓子のような形で効果も出やすいですが、空腹時でないと効果が半減するので空腹時に服用してください。
性行為の約一時間前に水やぬるま湯で服用するといいでしょう。服用してから30分から1時間で効果が現れます。
副作用として頭痛やほてり、鼻づまりやめまいなどの症状がでることがあるので注意が必要です。

他にも女性用バイアグラとして人気なのがフリバンセリンですが、これは性的欲求低下障害の改善を目的としているジェネリック医薬品です。
女性の性衝動そのものを高めるので不感症に悩んでいる女性にはとても効果があります。
持続時間は6~8時間なのでセックスをたっぷり楽しむことが可能です。
疲労感や吐き気などの副作用があるので、使用方法をしっかり確認して服用してください。

フリバンセリンで安価に不感症改善

精力アップと聞くと、男性用の薬をイメージする人が多いでしょう。
女性用バイアグラというものも存在しています。
女性用バイアグラはフリバンセリンと呼ばれる薬であり、手軽に不感症を改善できるということで注目を集めています。

フリバンセリンは主に性的欲求低下障害で悩んでいる人のための治療薬として開発されました。
この薬の製造や販売を行っているのはアメリカの会社ですが、日本でも利用する人が増えてきています。

フリバンセリンは不感症の改善に効果的ということですが、性行為に関係なく毎日服用する必要があります。
脳の神経伝達物質に直接働きかけることにより、性に関する悩みを改善するという仕組みがあります。
この薬は不感症に対しての即効性がなく、効果が出るまでに8週間程度かかると言われています。
アメリカで行われた臨床検査の結果、約40%の女性に効果が出たという報告があります。

不感症を改善するためにフリバンセリンを使いたいという場合、効果だけでなく副作用についても確認しておきましょう。
この薬の副作用としては、眠気や眩暈、吐き気、湿疹、疲労感などといったものが挙げられます。
特にアルコールや避妊薬との併用は副作用のリスクが高まるので注意しましょう。

フリバンセリンはまだ日本での販売が行なわれていないため、購入する場合は個人輸入を利用する必要があります。
個人輸入代行サイトなら海外の医薬品を手軽に購入することができます。
値段はサイトによって異なっていますが、3000~4000円が相場です。

フリバンセリンを安く手に入れたいという場合、ジェネリック医薬品を選んでも良いでしょう。
ラブグラなどのジェネリック医薬品には元の薬と同じ成分が使われており、期待できる効果もほとんど同じとされています。